RF35mm F1.8 マクロ IS STM はドンピシャだった

 

2020年、最初の記事がいきなりRFレンズの話

そう、ブログ名を変えたように CANON Rシステムになりました、その序章です

 

決してX-T3,X-T30に問題があったわけではなく、今でも自分の中でAPS-Cミラーレスでは現在最高の機種だと思っています

 

しかし、魔の連鎖反応が

Fringerが良くてLレンズを入手 → せっかくのLレンズなのでフルサイズの写りも見てみたくなる → RPで試してみる → 軽さと写りの良さに引かれる → その軽さを活かすRF35mm F1.8 マクロ IS STMを試してみる

という過程で

近くをRPとRF35mm F1.8 マクロ IS STMで少し散歩へ

 

マクロという名を試してみるf:id:iwa_maru:20200110213727j:plain

 

雲に隠れた太陽、右の虹色は空に出ていたものでレンズの悪さではありませんf:id:iwa_maru:20200110213736j:plain

 

雲から出てきた太陽と水面の反射f:id:iwa_maru:20200110213743j:plain

 

何故か公園にある能の浮舞台、桜華殿f:id:iwa_maru:20200110213751j:plain

f:id:iwa_maru:20200110213758j:plain

 

帰り道、池と二上山f:id:iwa_maru:20200110213719j:plain



この散歩がきっかけで、今年はCANONでスタートを切ることになりました

しばしお付き合いください。