FE 100mm F2.8 STF GM と當麻寺まで往復、被写体は主に花

 

FE135mmF1.8とFE50mmF1.4を統合した形で使おうと決めたFE 100mm F2.8 STF GM

標準単焦点はやっぱり重かったFE50mmF1.4ではなくRX1Rのみにして、そして何故か肌に合う中望遠のFE 100mm F2.8 STF GM、自分のスタイルである歩きながら見つけたものを撮るというのに合うかどうかいつもの道ですが當麻寺までの往復で使ってみました

 

途中の道で

 

當麻寺到着、まだ八重桜が残っていました

藤も、まだ短いですが

最後に境内の感じを

 

帰り道、白と薄紅色のハナミズキがきれいに咲いていました

 

主に目についた花などを撮る、たまに風景も挟むという撮り方には合っていると思います、反対ならTAMRON 28-75mm F2.8 G2 A063でと切り分けて、結構遠目の花とかは諦めるのも必要でへたに写りのしきい値が上がってしまったので何でもかんでも望んでいるレベルで撮りたいというのは土台無理だと頭に刻み込ませないといけません。

そして数年前は持ち出すのは3Kgまでとしていたのも最近は歩きまわっているうちに肩の負担を感じてきたので2Kg以内にしきい値変更、α7RIII約680g・100mm700g・28-75mm540g で約1.9Kg、さらにレンズ交換はなるべくしないようにしているので初めてのところ以外は持ち出し時にどちらかの1本に決めてなるべく軽くして出かけることにしていこうと思います。