TAMRON 28-75mm F2.8 Di III VXD G2 A063 は予想以上に自分に合っていた

 

α7RIIIの標準ズーム、GM以外の主だったものは試してきました

その中で

SIGMA24-70/2.8・・解像感はいいけど出てくる色が少し合わず重く大きい

SIGMA28-70/2.8・・解像感そこそこ軽くて小さめですが出てくる色は24-70より合わない

SONY24-105/4.0・・24mm始まり105mmと一番使い勝手はいいし出てくる色も良い感じ、F4.0なのに少し大きく重めですがA063を使う前なら第一候補

あとはTAMRONの28-200と28-75A036ですがフリンジが有ったり、すぐスレが目立ったりする外装が気に入らずでしたが、今回のA063外装はプラスチックで変わらずですがより黒くなって若干グレードアップした感じになり、フードはまだちゃちいですが変な丸みがなくなり普通になった

写りについての評価はバラけているが概ねいいようなので自分で試してみることにしました

 

EXIF付きで現像、TAMRONはなぜかEが先頭に付く

散策を兼ねて

 

今の季節の花

 

開放から解像感も良く、出てくる色も自分に合っています、開放で若干の周辺減光

Lightroomのレンズプロファイルを適用すると周辺光量補正が必要以上にされるので補正値を100から50にしました

24mm始まりだと文句なしですが、大きく重くなって持ち出す機会が少なくなるよりは今の軽さが断然いいです

このレンズを採用することにより、シンプルな構成になりそうです