RX1R に続いて GM5 を見直す

 

RX1Rを買い直して(正確には前はRX1ですが)楽しく使えています、前回はカメラはファインダーを覗いて撮るものだとEVFを着けてそれのみで撮っていて、やれボタンが押しにくいだのEVFが大きくて邪魔だの開放では1/2000sまでってどうなの、と手放してしまいましたが

それはRX1にメイン機材の振る舞いを求めてしまっていたからで、今回はそういうのはα7RIIIにまかせてRX1Rは気ままに撮ればいいと割り切って使うと、かわいくていいカメラだったんだ、使い方が間違っていたんだと反省

 

また、リモートワークが多くなっているので昼の時間に軽く持ち出す用にと以前小さくていいなと使ってみたことのあるGM5が浮かび上がり、それも同じくファインダー有りきで撮っていたので、その倍率の低さで見にくさを感じ他の機種に目移りしていた事も同時に思い出されました

そのGM5もRX1Rみたいに使えば小さい軽いが活かせるのではと探してみると、人気があるみたいで程度の良いのが無く3日間ほど探してようやく見つかり、ためらっていると無くなりそうなので入手、タッチAF・タッチパッドAFポイント移動が使えるのでファインダーはLVが見にくいときやその時の気分で使えばよいという使い方をすればファインダーはマイナス要素にはならない、と今更ながら認識

 

GM5と近所の散策、LUMIX G MACRO 30mm F2.8 を着けて全てLVで撮りました

ボケはそれなりですが、解像感は良いf:id:iwa_maru:20220303202837j:plain

 

ここからは花ばかり

近所のおうちの塀から出ていた梅たちf:id:iwa_maru:20220303202844j:plain

f:id:iwa_maru:20220303202831j:plain

f:id:iwa_maru:20220303202850j:plain

f:id:iwa_maru:20220303202858j:plain

 

水仙f:id:iwa_maru:20220303202939j:plain

f:id:iwa_maru:20220303202905j:plain

 

つくづく同じ機種でも自分の使い方次第で全く違う印象になるということを思い知らされました

GM5導入でレンズを整理したのでそれについては後日