X-E4を見に行ったつもりが LEICA X2 と一緒に帰ってきました

 

個人的には小型のミラーレスは Z fc のフォルムより X-E4 のようなレンジファインダー的な方が好みです

一週間ほど前、懇意のカメラ屋さんからX-E4が入荷したと連絡があったのでブラックだけ行くまで置いておいてと伝えて、あまり時間をあけると悪いのでZ5を抱えて急いで見に行きました

手袋をして本体を触らせてもらい撮影を想定しましたが、これは無理だなと

持ったときに無理と感じたのはパナソニックのS1以来、S1は大きすぎだったのですがX-E4は引き算をしすぎではないかと

1番大きなマイナスポイントはレビューでも書かれていた事ですが、背面側のダイヤルがなくされていること、XCレンズ使用時はこれを回してF値を調整したいのにできないし前面ダイヤルは自分には非常に使いづらい位置にある、そして押して拡大できるのが便利に感じていたのですがそれができない、フォーカスレバーを押すと拡大になる様ですがそのフォーカスレバーが下すぎて操作しづらい、液晶でAFポイントを動かすことは試してませんがその方法は使わないしファンクションボタンも少なくAF・MF切り替えレバーもなくされているので全体的に使いづらいだろうという印象は否めませんでした

あとこれは個人の好みだと思いますが、ストラップホールが横長固定タイプを採用しているのはちょっと合わない、軽量ボディには今までのようなタイプが好き

こんなことはネットの紹介やレビューでわかることなのですが実際に見てそれを実感しました

 

熱が冷めて、店内を見ると陳列にあるライカX2が目に入りました

小さくて可愛い、Germanyライカ

総合的にはX-E4のほうが使いやすいのかもしれませんがそういうのを超えて、じっくり見て触ったらもう止まりませんでした、Z5と入れ替えを決行

ファインダーを使いたかったので聞くと画角とブライトフレームがほぼ一致するとのオリンパスの光学ファインダーのVF-1が4000円だったので同時に購入

X2はEVFも着けられますが大きすぎてフォルムが台無しになるし、モノクローム設定のときはEVFもモノクロになるので少し見にくくなると思い非連動ですが光学ファインダーを選択してみました

f:id:iwa_maru:20210812203004j:plain

キャップは八仙堂の54・55mmかぶせキャップを即発注、純正品かと思うくらいきっちりとハマります、欲を言うならもう少し深さがあれば完璧でしたが

久々に撮影にワクワクします

 

続く