X-T3 で タムロン 272E の花撮りを試して見た

 

マニュアルレンズはミラーレスのほうが使いやすい

拡大機能とMFアシストそれに倍率の高いファインダーが加わると合わせやすいです

Xでのマクロレンズは純正の60mm、80mm、ツァイスの50mmがありますが上記のことから タムロン 90mm 272E を試してみました

絞りリングのあるペンタックス用をマウントアダプター経由で

 

花撮りには馬見丘陵公園

ピンクの山茶花f:id:iwa_maru:20191202222921j:plain

f:id:iwa_maru:20191202222929j:plain

 

まだバラも咲いていますf:id:iwa_maru:20191202222937j:plain

f:id:iwa_maru:20191202222907j:plain

 

皇帝ダリアはすこししぼみ気味でしたf:id:iwa_maru:20191202222944j:plain

f:id:iwa_maru:20191202222852j:plain

 

少し小さめの花もf:id:iwa_maru:20191202222900j:plain

f:id:iwa_maru:20191202222915j:plain

この日は陽がたっぷりだったので少しハッキリし過ぎた感はありますが、色やボケの感じも好きな出方をしています

 

X-T3は1/2000sまで電子先幕シャッター、1/8000sまでメカシャッター、1/32000sまで電子シャッターというのが選べるのでそれを設定しています

メカシャッターを使いながらも低速時の微振動が抑えられるので嬉しいパターンですね