SIGMA 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL 、現像で調整の必要はあるが写りはすごくいい

SIGMA 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL この前の京都の大半はこのレンズで撮っています、入手経緯は後日

 

やはり前ピン、当然USBドックは使えないのでボディで+3調整

 

RAW現像調整項目

1.Lightroomのレンズプロファイルがない 

  超広角レンズなのでこれは痛い

 しかし調べているとCANONの16-35/F2.8L IIとかではないLまでのレンズプロファイルがフィットするというので試してみたら非常に良い、17-40/F4L も同様に良かったので今回は17-40/F4L用のプロファイルを使用

適用前、渡月橋がうねっていますf:id:iwa_maru:20180512205643j:plain

適用後f:id:iwa_maru:20180512205651j:plain

 

2.色被り

 WBはAUTOで撮っていますが、暖色系で色被りがあります

 特に緑が顕著なので色温度を5000前後にして、色被りを+30~+40で調整

調整前f:id:iwa_maru:20180512205628j:plain

調整後f:id:iwa_maru:20180512205636j:plain

 

Lightroom調整項目ではありませんが

3.ゴーストが出やすい

 ワイド端に近い場合、晴れた日は太陽が後ろにない限り少し上を向けるとゴーストが発生する

17mmf:id:iwa_maru:20180512205922j:plain

18mm、少しの差で収まるので危ないなと感じたら確認しながら撮る必要があるf:id:iwa_maru:20180512205930j:plain

 

1.2.3 に対処すれば、写りに関しては AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR よりいいと思います、とくに周辺部

 

追加で数枚f:id:iwa_maru:20180512205657j:plain

f:id:iwa_maru:20180512205914j:plain

f:id:iwa_maru:20180512205943j:plain

f:id:iwa_maru:20180512205936j:plain

f:id:iwa_maru:20180512210012j:plain

 

とても15年以上前のレンズとは思えない写りです