いろいろメモっておく Ver5

隣の芝は青いけど、極めるのが先

年末だしこれで締めくくり、標準域は SIGMA DP2 Merrill で

α7IIのレンズ4本は前述しましたが、50mm前後をどうするかずっと悩んでいました

通常ならSEL55F18Z、しかし一台でそれほど頻繁はレンズを替えられないし

FUJIのXF35F1.4やF2とかは軽くていいけどボディを買ったり、そうなると他のXFレンズが欲しくなるし、かといって高級コンデジではピンキリがはっきりし過ぎてなかなかいいのがない、本当に必要なのか・・

と悩んでいるうちにいままで手を出していなかったSIGMAのカメラに目を向けると、SIGMA dp2 Quattroが比較的安価で解像感がいいらしいとのこと

けどあのフォルムは少し・・

でQuattroよりフォルムも嫌いでないしFoveonらしさが強いというDP2 Merrillはどうよということで借りて試してみました

今までこだわっていたファインダーもないし、手ぶれ補正もないし、シャッタースピードも1/2000sだが開放ではもっと下がるらしいし、AFももう一つらしいし、と最近のカメラとは違うマイナス要素は多々あります

 

けど、持ち出してみて

f:id:iwa_maru:20161231215825j:plain

f:id:iwa_maru:20161231215826j:plain

f:id:iwa_maru:20161231215827j:plain

f:id:iwa_maru:20161231215828j:plain

f:id:iwa_maru:20161231215829j:plain

この解像感には、まいりました。隅々までくっきりです。

光量があるとき限定で、RAW現像もLightroomにはtif変換が必要で、というのと上記のマイナス要素を加えてもそれを吹き飛ばしてしまいました。

早速、程度の良い中古を発注。Aランクで3万円台とは、必要な人にはお買い得機。

バッテリーを2個追加も忘れずにしました。なにせ一つで100枚撮れないので・・・