読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろメモっておく Ver5

隣の芝は青いけど、極めるのが先

GX7MK2 その使用感 ~描写と機動性の振子の末~

GX7MK2 DMC-GX7MK2 プチレビュー

 

GX7MK2を入手して4回土日が過ぎました、雨の日以外は少しでも撮ることにしているのでショット数は2300を超えたところ、ここで少し使用感を書きます、ただし専門的な評価は出来ないのでご了承ください

まず記しておくのは動画や4Kフォトはたぶん使わないということ

ならなぜパナ機なのかということですが

・Dual I.Sが魅力、ボディだけでも5軸、それにレンズ分も加えた手ぶれ補正、何かと恩恵をうけそうなところ

・いままで家電メーカー色があって少し抵抗があって、まだ使っていなかったメーカーだというところ

それに加えて

・ローパスフィルターレス、これは選択に外せない項目

・大きさ、重量がマッチした

少し前に、コンデジ代わりに入手したGM5が良かったことが一番の呼び水でした

使ってみて

・期待通りの手ぶれ補正の効き、アダプター経由のタムロン90mmでもピタッと来ます

・画質もRAW現像でノイズを少し取る場合もありますが、自分の使用には十分(だとようやく気付いた)

・機動性がいい、フルサイズやAPS-Cだとあまりにも細かいところを気にし過ぎて結局レンズ含めて重たいシステムになってしまう、というのが避けられる

結構使いやすい

・MFでの拡大やピーキングは他のミラーレスでもありますが位置やサイズの調整がしやすいと感じる

・電子接点のないアダプターでのレンズ使用時、最適な手ぶれ補正のためにレンズの焦点距離を設定するのですが、電源を入れるたびに確認してくる (これは一見めんどくさいのですが、α7IIでは複数のレンズ焦点距離登録ができるが自分で変更が必要なので付け替えた時に変更を忘れて違う焦点距離のまま使用してしまうことがあったのでそれを避けられる)

・シャッターショックを感じず、ブレもその分軽減されていると思う

少し気になるところ

・フォーカスを動かすときの方向キーを押すつもりがメニューキーを押してしまう、フォーマットという表示が出ると一瞬ドキッとする

こうだったらいいのになというところ

・ISOオートで下限が100も可能ならいいのにな

・ISOオートのシャッタースピード下限が選べればいいのにな

これから試してみたい機能

・絞りブラケットとマクロ時のフォーカスブラケット

 

等々、まだ書ききれていないところもあると思いますが 一言でいうと使っていて楽しく連れ出したくなるカメラなので、これからいろいろ試していきたいと思います。