読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろメモっておく Ver5

隣の芝は青いけど、極めるのが先

X-T1 のアイカップを EC-XT L に替えてみた

X-T1 機材

X-T1 で撮っていて、晴れた日に上からの太陽がまぶしくてファインダーが見にくくなる時がある。

 

そこで ” 本体同梱のものより大きく遮光し、ファインダーの視認性を向上させます " という触れ込みのEC-XT Lを着けてみた。f:id:iwa_maru:20151228222855j:plain

眼鏡をかけているのでどうかなと思っていたのですが、どこかでみた説明には眼鏡の人でも大丈夫のように書いてあったのを見て購入。

早速着けて覗くと、ファインダーまでの距離が伸びてノーマルモードにしていても隅がケラレて非常に見にくい。

眼鏡のレンズをアイカップにギュッと押し付けてようやく何とかというレベル

裸眼だとピタッとくっつけると遮光されてすごく見やすい感じですが、眼鏡では自分は無理と思います。

これはダメかと元に戻そうとしたとき、ふと周りのでっぱり部分を切ってしまえばどうにかなるのではと思い、手に入りにくいものでもないのでハサミでエイやっと切ってしまいました。

それがこれ

f:id:iwa_maru:20151228222854j:plain

思い付きで切ったので切り口がガタガタですがそんなにじっくり見るところでもないので今のところそのまま。

これだと少しだけ感じる隅のケラレもそれほど気にならずに撮れたのですが、遮光性が良くなっているのかは室内と曇り空の時しかまだ試してないのでわからず、次の晴れの日に感触を見てみることにします。