いろいろメモっておく Ver5

隣の芝は青いけど、極めるのが先

XF60mmF2.4 R Macro は手のかかるレンズ

FUJIFILM Xマウントのマクロレンズは純正では現在一択の状況、その XF60mmF2.4 R Macro を試してみました。

巷でも書かれているとおり、レンズ本体はコンパクトにまとまっていますが、フードが大きくメタル製、レンズが伸びるのを隠す意味もあるのでしょうが、やや大げさ。

35mmのフードが装着できるようですがいまひとつ気に入らないかんじになる。

なので、フードはしばらくこのまま。

等倍ではないですが、花撮りがメインでドアップとか昆虫とかは撮らないのでOK

で、またまた馬見丘陵公園に行き花撮り、これがまた少しやりにくかった。

AFの場合、ピントを合わせたいマクロ領域になかなかいかず、一旦コントラストのハッキリした近いところに合わせてAFをマクロになじませてから撮りたいところに合わせる。これの繰り返しが多く時間がかかる。

ならばMFでと、ピントを合わせようとするとマクロ域にはフォーカスリングをまわせどたどり着かない。あとでじっくり試す必要がありそう。

ので、今回はAFのみで何とか撮ってみました。

ダリア園がまだ柵の外からしか撮れず、近くに出ている花を数枚。

f:id:iwa_maru:20150922202530j:plain

f:id:iwa_maru:20150922202529j:plain

f:id:iwa_maru:20150922202528j:plain

f:id:iwa_maru:20150922202527j:plain

f:id:iwa_maru:20150922202526j:plain

f:id:iwa_maru:20150922202525j:plain

f:id:iwa_maru:20150922202524j:plain

 手がかかっても、等倍でなくても、この写りと色合いが見られるのならば残留決定です。

レンズ補完計画進行中。